芸能ニュース∞

芸能に関するニュースを紹介します♪

まゆゆ AKBに全て捧げた11年…リセットして次に進まなくちゃ

f:id:katoyon:20171001115549j:plain

AKB48の渡辺麻友(23)が年内に卒業する。06年の加入後、ファンの人気を集めた「元祖・神セブン」の一人。14年の総選挙で初戴冠して名実ともにエースとなり、グループを支えてきた。今月31日にさいたまスーパーアリーナ卒業コンサートを行うのを前に「私はAKBに全てを捧(ささ)げてきました」と語った。

 ――麻友さんにとってAKBとは?

 「ありきたりな言い方ですけど、人生が大きく変わった場所です。入る前はごく普通の中学生で、何の取りえもない人間でした。入ってから、人生がまるっきり別の物に変わりました。あの時、自分を信じてオーディションを受けて良かったと思います」

 ――約11年前のオーディションの時はAKBが後に国民的なアイドルグループになって、自分がそのエースになるとは思っていなかったのでは?

 「1ミリも思ってなかったです(笑い)」

 ――先輩の前田敦子さんや大島優子さんが卒業した後は背負うものが重かったのでは?

 「そうですね。“次世代エース”と言っていただいて、偉大な先輩方が卒業されていくたびに重荷を感じていました」

 ――あの頃、コンサートのエンディングで必ず麻友さんが1人だけステージに残って、最後の最後までファンに手を振る姿が印象的でした。

 「私が頑張らなくちゃいけないという自覚がありました」

 ――14年の総選挙でついに1位になった時は、名実ともにエースになった実感がありましたか?

 「その実感はありました。あの年は全てをAKBに捧げた一年だったので濃密でした」

 ――エースという立場はいかがでしたか?

 「なかなか大変でした。でも、そういう役目を担えたのは幸せだったし、私は自分なりにやってきました。それに、私の時代はまだ恵まれていたと思います。今の時期のエースは結構しんどいでしょう。今、置かれている現実は厳しいと思うんです。私は恵まれていました」

 ――もしも、時計の針を巻き戻してもう一度エースをやってくださいと頼まれたら?

 「う~ん、もういいですかね(苦笑い)。この11年でやり尽くした感じがあります。やり尽くして満足しているので、もう一回やりたいという思いはないです」

 ――AKBに青春を捧げた?

 「それはもちろん。12歳で入ったので、全てを捧げて来たという実感はあります」

 ――卒業へと気持ちが傾いたのは?

 「目標にしていたものを手に入れて、それ以上の目標がないというのが一つのきっかけでした」

 ――次に進もうという気持ち?

 「進まなくちゃいけないという感じです。これまで何度かドラマに出させていただいて私は二足のわらじが無理だということが分かりました。アイドルとお芝居は私にとって両極端のものなので、どちらもやるというのが難しかった。ここでリセットしないと次に行かれないと判断しました」

 ――卒業したら女優の道を進む?

 「すぐにお芝居をするというより、そこに行く道順として、一回ゼロにしたいと思います」

 ――卒業後、歌うことは?

 「機会があれば」

 ――今後もファンの前で歌う可能性がある?

 「ゼロではないと思います。皆さんに聴いていただける環境で歌えるのはありがたいです」

 ――これからAKBのエースを目指す後輩たちへのアドバイスは?

 「周りに流されず、前だけを向いて、がむしゃらに、ひたむきにやってほしいです」

 ――麻友さんのように全てをAKBに捧げるというのはなかなか難しいことですけどね。

 「私はもともと周りに流されないタイプだったので、そこは良かったです(微笑)」

 ≪卒業コンサート曲目、演出ほぼ決定≫卒業コンサートの曲目や演出は自ら考えた。「もうほとんど完成しています。私は今までそういうことをやってこなかったので、センスのある同期のゆきりん柏木由紀)に参加してもらって助けてもらいました」と打ち明ける。詳細は本番まで明かせないが、自身に関する楽曲を中心とした、ファンにとって感慨深い内容になっている。「“アイドルまゆゆ”の集大成です。後々語り継がれるようなコンサートにしたい」と意欲を示した。11月22日には最後のセンターを務めるシングルも発売される。

渡辺麻友写真集『知らないうちに』 (講談社 MOOK) [ 渡辺 麻友 ]

headlines.yahoo.co.jp