読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸能ニュース∞

芸能に関するニュースを紹介します♪

キムタク“邦画&主演”で初カンヌ!三池監督とタッグ「無限の住人」

世界3大映画祭の1つ、第70回カンヌ国際映画祭(5月17日開幕=フランス)のラインアップが13日、当地で発表され、元SMAP木村拓哉(44)の主演映画「無限の住人」(三池崇史監督、4月29日公開)がアウト・オブ・コンペティション部門に選出された。出演作として「2046」(04年、ウォン・カーウァイ監督)以来。コンペティション部門には、日本から永瀬正敏(50)の主演作「光」(河瀬直美監督、5月27日公開)が選出された。

 

 木村にとって、主演作公開を前に、願ってもない吉報が舞い込んだ。自身2度目のカンヌ出品。「今回の知らせを、三池監督から直接電話で聞けた時には、本当にうれしかったです。海外の方がどう受け取ってくださるのかが、とても興味深いですが“一つの作品”として招待していただけることに本当に感謝します」と喜びをかみ締めた。

 04年には「2046」がコンペティション部門に選出されたが、邦画、主演作としては今回が初。3大映画祭としても、07年に映画「武士の一分」(山田洋次監督)がベルリン国際映画祭(ドイツ)のパノラマ部門でオープニング上映されて以来。04年にはカンヌを訪れ、公式上映を見守った。今回のカンヌ訪問について、配給元は「未定」としている。

 製作当時から、海外を意識して撮影に臨んでいた。演出は3大映画祭の“常連”でもある三池監督。配給もメジャーのワーナーが担当。映画の完成後には「監督もプロデューサーも目線の先に海外を意識していると感じましたし、僕自身もヨーロッパはじめ海外の方々にも見ていただけたらと思っている」と語っていた。

 累計発行部数750万部超の沙村広明氏の原作コミックが、世界22か国と地域で刊行され、00年には英語版が“漫画のアカデミー賞”ともいわれるアイズナー賞最優秀国際作品部門を受賞。また三池監督は「極道大戦争」(15年)以来6作品目のカンヌ。不老不死の侍・万次を演じた木村の演技を含め、実写映画の海外評価が注目される。

 今年からソロとなり「新人」と決意を抱く。1月期のTBS系日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」は同クール最高視聴率をたたき出した。今作も、一人の役者として存在感を示すうえでも重要な作品となるが、カンヌ上映は成功を大きく後押ししそうだ。

 

新装版 無限の住人(1) [ 沙村 広明 ]

headlines.yahoo.co.jp