芸能ニュース∞

芸能に関するニュースを紹介します♪

柴咲コウ、大河初主演も重圧なし 謎多き直虎「余白があって作りがいある」

f:id:katoyon:20170102110646p:plain

2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜後8・00)がいよいよ8日にスタートする。主演を務めるのは女優・柴咲コウ(35)。戦国時代に遠江井伊谷(現静岡県浜松市)の女性領主として内政に手腕をふるった井伊直虎を演じる。放送開始が直前に迫った柴咲に胸の内を聞いた。

 「良くも悪くも大河ドラマに対する先入観があまりなく、思い描いているイメージは『大河ドラマ、すごい』というザックリとしたものしかないというのが正直なところです」と率直に語る柴咲。「福山雅治さんが主演を務めていた『龍馬伝』(10年放送)の打ち上げに声をかけてもらって参加したことはあります。堤真一さんもいらっしゃって、『何で出演者じゃないのに私たちいるんだろう…』と話しましたね。縁はあるなと勝手に思っていました」と笑顔で明かす。

大河ドラマ初出演にして初主演という“大役”。のしかかる重圧は相当なものと思われるが、「私は、課題が多ければ多いほど、大きければ大きいほど燃えるタイプだと思っています。プレッシャーという実感はないですね。自分ができること、目の前のことを精一杯やっていくのみだなと思っています」と静かに意気込む。

 肖像画が残っていないなど、関連史料が少ないことで知られる直虎。今月14日には、直虎とみられる人物が女性ではなく今川家の重臣の息子だったことを記した新史料が発見されたことも話題となった。だが柴咲は、この謎の多い人物像を前向きに捉えている。

 「他のドラマで演じる人物は完全に作られた人物が多いので、それに比べると少し演じやすさはあるなと思いますね。どういう顔立ちで、どういう服装で、どういう性格だったのかということは残されていませんが、それだけ余白があるので役を膨らませることができます。作り物としては、作りがいがありますよね。これがベースとなって新たな物語が生まれればいいなと思っています」

 昨年放送された大河ドラマ真田丸」は、全50話の平均視聴率が16・6%を記録。「江~姫たちの戦国~」(11年放送)以来5年ぶりとなる期間平均16%超えを果たし、大河再興を印象づけた。ヒット作の直後ということもあり、否が応でも今作の視聴率に注目が集まることが予想される。「気にするのも分かります。一つの指標ですからね」と理解を示す柴咲だが、「演者が気にすることなのであろうかとは常々疑問に思っています。『ああ、こういうふうに思っているのか』『こういうふうに数字に出るのか』と客観的に受け止められればいいかなと思います」と述べる。

 直虎の一般的な知名度は決して高いとは言えないが、「サラリーマンが活躍するドラマがたくさんの人に見られているということもありますよね。(描かれる世界が)小さいから物語も小さくまとまってしまうということではないと思います。自分自身で見ることのできない大きい目線で描いたものを見せてくれることがエンターテイメントですが、小さな世界で生きている人たちを丁寧に描くことも一つのエンターテイメントです」と説得力のある言葉を展開。「自分たちの生きる社会において参考にできる部分があると思います」と今作の魅力を語った。

続こううたう (CD+ポエトリー&ビジュアルブック) [ 柴咲コウ ]

headlines.yahoo.co.jp