読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸能ニュース∞

芸能に関するニュースを紹介します♪

俳優・高橋一生、演出家も一目置く“俳優”としての感覚 『いつ恋』『民王』の存在感

f:id:katoyon:20160320134050j:plain

【DVD】怪奇大家族 DVD-BOX高橋一生 [TDV-15026]

 1月からスタートした月9ドラマ『いつ恋』こと、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が佳境を迎えている。心の琴線に触れる言葉がちりばめられた切ない物語もさながら、問題を抱えたキャラクターを魅力的に演じる役者たちの演技に惹きつけられる。なかでも目を引くのが高橋一生の存在感。登場するとついつい目が奪われる。そう感じる視聴者は少なくないようだ。

 

 高良健吾演じる主人公の一人・練の職場の先輩・佐引穣次を好演している高橋一生。練をいじめる理不尽なキャラクターでありながらも、心根が優しい一面も見え隠れする。人間臭く物悲しいキャラクターを、奇をてらうわけでもなく、感情を込めすぎるわけでもなく、程よい熱量で表現している。

 放送直後の書き込みを見て見ると、「演技に引き込まれる」「ゾッとするぐらい演技が上手い」という演技力に関するものから、「黒髪の佐引さんがかっこよすぎる」「声が好き」といったものまでさまざま。視聴者の反響が大きいのがうかがえる。

 今回、改めて“演技派”という印象をお茶の間に浸透させた高橋一生は、1980年生まれ。10歳の頃に子役として映画デビュー。活動を休止していた時もあったが、中学3年生の頃、スタジオジブリ作品『耳をすませば』(95)のヒロインの恋人・天沢聖司役の声優に抜擢。この作品がターニングポイントとなり、俳優の道を目指すことになったという。以来、コンスタントに作品を重ね、昨年出演作の中で話題になったのは、金曜ナイトドラマ『民王』の個性的な秘書・貝原茂平役。彼を主役にしたスピンオフドラマ『民王スピンオフ~恋する総裁選~』(4月22日)の放送が決まるほど、お茶の間で人気を集めた。

 テレビドラマや映画ではバイプレイヤーという印象だが、舞台では主役を任されることも多い。2012年、『4four』で第67回文化庁芸術祭賞「新人賞」を受賞するなど、実力はお墨付き。『いつ恋』の脚本を担当した坂元裕二が脚本・演出を手掛けた朗読劇『不帰の初恋、海老名SA』『カラシニコフ不倫海峡』にも出演している。当時の舞台スタッフ曰く「おしゃべりではないのですが、ツンツンしているわけでもない。自然体で人当たりがよい方。本番前は淡白な印象ですが、本読みするや否や男性の色気を醸し出す。坂元さんも一目置いていた気がしました」。


 舞台俳優としての実力を「山本耕史など、実力派子役が努めてきた『レ・ミゼラブル』のガブローシュも演じ、歌も演技もできる人」と教えてくれたのは、「アクチュール・ステージ」の川村夕祈子編集長。「昨今の舞台では主に主演で、不条理劇や難解な題材、重厚な物語にも気圧されない存在感や説得力がある俳優さん。印象的なのは、伝説的な劇団・第三舞台の最後の公演『深呼吸する惑星』に、当時のメンバーや出演者以外で、唯一の若手俳優としてキャスティングされたこと。これほどの特別な作品に起用されるのは、この人は間違いないという安心感や、何かやってくれるだろうという期待感からではないでしょうか」と分析。

 さらに「海外の戯曲などもよく読んでいて勉強熱心、演出家とも共通言語をもって会話や議論もしているようで、しかし理屈に頼らず、その時々の感覚を大事にしている、と以前取材で聞きました。狂気を孕んだ役でも奇異には映らず、宮藤官九郎のドラマなどでは軽妙かつチャーミングな役が多いのも更に魅力的です」

headlines.yahoo.co.jp