読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸能ニュース∞

芸能に関するニュースを紹介します♪

鶴瓶の“相棒”に抜擢…森川葵は同世代女優たちと何が違う?

f:id:katoyon:20160317002308j:plain

おんなのこきらい [ 森川葵 ]

女優の森川葵(20)がトーク番組「A―Studio」(TBS系)の新アシスタントに抜擢されて話題だ。森川と同じ事務所の早見あかり(20)からバトンを引き継ぎ、8代目アシとして10日に初の収録が行われた。

 オファーを受けた関係者は口をそろえて「大丈夫?すごく変わった子ですよ」と言ったとか。森川自身も「最近、変な人だと言われることが多い。すごくマイペースなので」と自覚があるようだが、その違和感も狙いのようで、番組プロデューサーは「いい意味で力が抜けている」と絶賛しているという。

 バラエティー番組に本格進出するのは今回が初めてだが、女優としての評価はすでに高い。12年に深夜ドラマでいきなりヒロインに起用されると、14年には宮藤官九郎脚本の連続ドラマ「ごめんね青春!」(TBS系)に出演。“クドカン組”の仲間入りを果たすと、今年公開が予定されていた映画「TOO YOUNGTO DIE!」(軽井沢スキーバス事故により公開延期)ではヒロインに抜擢された。

 現在は月9ドラマにも出演中の注目女優である。20歳前後の世代は二階堂ふみ小松菜奈松岡茉優など“渋滞中”だが、森川は他の女優たちと少し毛色が違う。

「深夜ドラマで王道のヒロインをやった後、徐々に映画やドラマで存在感を出していくのが普通ですが、彼女の場合は連続ドラマで経験を積んだ後に、深夜ドラマ『監獄学園―プリズンスクール―』でかなり際どい役に挑戦しました。このドラマは原作マンガにあるセクシーな描写をかなりリアルに再現していて、制服姿で男の上にまたがってパンツを下ろすという過激なシーンも。このドラマは森川さんの事務所が制作しているのに加え、女優として軌道に乗りそうだっただけに、なぜこの役を引き受けたのかは謎です(笑い)。ただ、単なる清純派から役の幅を広げたいという意図があったのであれば成功かもしれません」(アイドル評論家の北川昌弘氏)

 演技力もセクシーシーンも折り紙付き。あとは鶴瓶の隣でトークとアドリブ力を磨けば、業界大注目の「クドカン銘柄」は爆騰必至だ。

headlines.yahoo.co.jp