芸能ニュース∞

芸能に関するニュースを紹介します♪

「女の子になりたい」母と悩んだ モデル・佐藤かよさん

f:id:katoyon:20160208215134j:plain

鬼灯さん家のアネキ /谷桃子 前野朋哉 佐藤かよ

モデルとして活躍する佐藤かよさん(27)。男性として生を受け、女性として生きたいと悩み続けた日々、いつも支えてくれたのは母でした。子育てがつらいと感じたこともあったという母が今、振り返って思うこととは。それぞれに聞きました。

 

■学ラン嫌で家出

 転機は中2の夏だった。

 「『女の子として暮らしてみたい』という気持ちを抑えきれなくなったんです」。物心がついてから、自分は女の子だと思っていた。学ランが嫌で不登校気味になり、母にだらしないと叱られ、家を出た。約3カ月間、女友達の家を転々とし、化粧品や服を見に行ったり、カラオケをしたり。「素の自分でいられる居心地のよさ。もう男の子の生活には戻れないと分かりました」

 母は捜索願を出し、息子を捜し回った。夏のある日、連絡を受けて駆けつけると、ふてくされた様子で待っていたのは、茶髪に派手なメイクのギャル。母は怒らず、「好きな服を着ていい。二度といなくならないで」と言った。

 「病院に行ってみる?」と母に誘われたのは15歳の頃。どうしたら女性になれるか、婦人科で女性ホルモン治療の説明を受けた。「元には戻れなくなるけど、後悔しない?」と心配する母に「男性として大人になるくらいなら、苦労が増えても女性として生きたい」と言い切った。だらだらした生活から一転、アルバイトに励んだ。朝が早くても、休みがなくても、自分を押し殺していた学生生活より楽しかった。

■母の言葉で決心

 アパレル店で働いていた時、ファッション雑誌の読者モデルにスカウトされ、テレビや広告の仕事が増えた。そんな時、モデル事務所の社長の一言に足が震えた。「まさかと思うけど、君が昔、男だったというメールが来てるよ」。カミングアウトすればウソつきと呼ばれ、仕事もなくなる。だが、銀行口座も作れないような生活を続ける自信もない。過去の自分に足を引っ張られる悔しさ。泣いて母に相談すると、こう言われた。「本当のことを伝えて離れていく人とは、そこまでの関係。それでも仲間だと思ってくれる人を大事にするの」

 告白すると、社長は驚いて椅子から転げ落ちた。でも「男か女かは関係ない。君にしかできないことがある」と励ましてくれた。テレビでカミングアウトし、「正々堂々と生きていけると心から思えた」。学校でわかってもらえなかった経験も、今は良かったと思える。「居場所は自分でつくるしかない、そう思えるようになったから」

headlines.yahoo.co.jp