芸能ニュース∞

芸能に関するニュースを紹介します♪

「サイレーン」衝撃結末に26万件ツイート殺到…最終回視聴率は11・5%

f:id:katoyon:20151216222457j:plain

【はじめての方限定!一冊無料クーポンもれなくプレゼント】サイレーン7巻【電子書籍

 15日に最終回を迎えた俳優・松坂桃李(27)主演のフジテレビ系刑事ドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」(火曜、午後10・00)の最終話の視聴率が、関東地区で11・5%(関西13・5%)だったことが16日、ビデオリサーチの調べで分かった。女優・菜々緒(27)の悪女演技が話題となり、ネット上では最終回前から事件の黒幕予想が白熱。制作局の関西テレビは、衝撃のラストを迎えた15日の放送前後の同ドラマに関するツイッター投稿数が、異例の約26万件に上ったことを発表した。

 

 同ドラマは事前に原作コミックとは全く違う結末を迎えることが告知され、放送直前には関西テレビが「誰もが騙されてしまう結末を用意。誰もの予想を裏切るラスト」と宣告していた。

 15日の最終回終了後には、ツイッターで「サイレーン」が人気ワードの1位となり、「おもしろすぎる」「期待どおり」「ヤバすぎる」との賞賛投稿が殺到。また「菜々緒、脱獄しないか」と“続編”を期待する声も相次いだ。関西テレビはこの日、15日にツイッター上に投稿された「サイレーン」に関するツイート数が、正規版数字で25万9650件だったことを公表した。

 最終回は警視庁機動捜査隊の刑事・里見(松坂)が、殺人鬼・橘カラ(菜々緒)に捕らわれた相棒で恋人の猪熊(木村文乃)を救出。猪熊の発砲でカラは即死し、事件は解決したかに見えた…との状況からスタート。しかし、猪熊の様子に疑念を抱いた里見は、独自捜査を開始し、カラの故郷を訪ね、カラの仕掛けた恐ろしい計画がスピーディーに解き明かされていった。

 事前に伏線が張られていた「整形」だけでなく、人間関係を巡る予想外のトリックも仕掛けられた。

 その結末にネット上の反応も上々の様子だが、一方で、大手ネット掲示板2ちゃんねる」では「事前にここで予想された通りじゃないか」との投稿が相次ぎ“勝利宣言”。各所で盛り上がりをみせている。

 なお同ドラマの全話平均視聴率は関東9・2%、関西12・5%だった。

headlines.yahoo.co.jp