芸能ニュース∞

芸能に関するニュースを紹介します♪

『第12回 好きな女性アナランキング』日テレ・水卜麻美アナが3連覇

f:id:katoyon:20151209212910j:plain

ORICON STYLEは、毎年恒例の『第12回 好きな女性アナウンサーランキング』を今年も発表。12度目の調査となる今回、見事首位に選ばれたのは、情報番海『ヒルナンデス!』、『有吉ゼミ』など多くの番組に出演する、日本テレビ水卜麻美】アナウンサー。これで水卜アナは、一昨年、昨年から引き続いての3連覇を達成。2008年に5連覇を達成し、殿堂入りを果たした元フジテレビ・高島彩アナウンサーの記録も、いよいよ視野に入ってきた。

 

■癒しの“ミトちゃん”がV3達成! マツコも認めるその実力とは?

 ”ミトちゃん”の愛称と、食レポ時の気持ちのよい食いっぷりで知られる水卜アナ。2011年に南原清隆司会の情報番組『ヒルナンデス!』に抜擢されると、そのマジメで実直な姿勢と、天然と評される言動やリアクションでたちまち人気アナに。昨年から引き続き、男女別はもちろん10代~50代すべての世代別調査で堂々の首位を獲得しており、圧倒的な強さを見せつけた形だ。

 主な支持理由としては、「美味しそうにいっぱい食べるところがかわいい」(青森県/10代/女性)といった、昨今のダイエットブームに相反する大食いキャラが変わらず受けているほか、「ミトちゃんを見ると元気になる」(長野県/20代/男性)など、彼女が“癒しの存在”であるとの声が多数。また、女性層の支持が高いのも特徴で、「注目されてアンチが増えたようだが、アンチに負けず頑張って欲しい」(埼玉県/30代/女性)といった声が女性側から上がっているのも印象的だ。

 ほかにも「自分を飾らず、芸人さんにいじられても返しが上手い。仕事にプライドも持っている」(埼玉県/20代/女性)といった仕事面、人間性を評価する声も。今年4月に放送された『行列のできる法律相談所』では、女子アナ嫌いで知られるマツコ・デラックスが「非の打ち所がない」と水卜アナを満点評価したように、まさに彼女の”非の打ち所のなさ”が明らかになったアンケート結果だった。

 ちなみにマツコはこれとは別の番組で、水卜アナを「女子アナとしてカウントしていない」と評したこともある。確かに現在の“水卜ちゃん人気”は、完璧かつ王道の女子アナとしてというよりも、彼女独自のスタイルが受け入れられ、浸透した結果であるといえそうだ。

■“不動のエース”の安定した強さ 確かな実力で首位奪還を目指す

 2位にランクインしたのは、一昨年と昨年に引き続きフジテレビ【加藤綾子】アナウンサー。眉目秀麗、アナウンススキルの高さのほか、明石家さんまが司会を務める『ホンマでっか!?TV』で見せる抜群のアドリブ力など、その能力はまさにオールマイティ。同アンケート結果でも、同局”不動のエースアナ”としての面目躍如となった。

 “カトパン”こと加藤アナを支持する視聴者の声も、彼女の安定感を推す声が多い。「技術が優れているし、美人」(福岡県/30代/女性)のほか、「実力も華もある」(東京都/20代/女性)、「才色兼備」(宮崎県/20代/女性)、「美人だし、頭のよさもよくわかる」(愛知県/40代/女性)、「どんな人に対しても、上手く仕切れる」(静岡県/40代/男性)など、王道の実力と人気を兼ね備える評価となった。誰と絡んでもその人物のよさを引き出す能力を今後も発揮し続けていれば、ポテンシャル的にも首位奪還は十分に有り得る。

■個性あふれる“新星”が続々と台頭。NHK桑子アナが初のTOP10入り

 このほか、上位ランキングを振り返ると、朝の情報番組『あさイチ』(NHK総合)の司会でお馴染みのNHK有働由美子】アナウンサーが3位を維持するなど、安定した強さを見せつけている。また4位には、昨年10位だったフジテレビ【山崎夕貴】アナウンサーが快進撃。今年4月からは同局の『ダウンタウンなう』で進行役に抜擢されており、”ポスト・カトパン”との呼び声も高い。

 また、NHK【桑子真帆】アナウンサーが初のTOP10入り、5位にランクインしたことにも注目だ。『NHKニュース7』でのサブキャスターや、ローカルニュース『首都圏ニュース845』でのキャスター姿で人気を博していたが、今年4月からアシスタントを務める『ブラタモリ』効果もあったのだろう。実際に「『ブラタモリ』で一気に好きになった」(兵庫県/30代/男性)と、その個性を賞賛する声が多数上がっており、「ネクストブレイク」(岐阜県/40代/男性)との期待の声も多く集まっている。

 V3の水卜アナが圧倒的強さを見せつけて幕を下ろした今回のランキング。全体的に大きな変動が見られず、人気的には長期政権が敷かれているようにも見えるが、山崎アナや桑子アナなど、水卜アナに負けない個性とユニークさを持つ面々も追い上げをかけてきている。また、それを含めてのことだが、TOP10入りした誰にも言えることは、実力があり、真面目にやってきた力がチャンス到来によって、しっかりと認められたということ。池井戸潤ドラマが相変わらずの強さを見せる昨今、実直にまい進してきた人物が脚光を浴びていくというベクトルは健全な方向性といえるだろう。

headlines.yahoo.co.jp