芸能ニュース∞

芸能に関するニュースを紹介します♪

ウエンツ瑛士&小池徹平“WaT”が解散発表 来年2・11に

f:id:katoyon:20151206194233j:plain

ウエンツ瑛士(30)と小池徹平(29)による音楽デュオ・WaT(ワット)が6日、東京・品川ステラボールで約8年ぶりとなるライブ『WaT 10th Anniversary Live 2015』を開催し、2016年2月11日で解散することを発表した。

 

 きょうのライブは、日比谷野外音楽堂で行われたライブ以来、8年ぶり単独公演。ファン約1800人が駆けつけ、久しぶりの2人の姿に歓喜していたが、電撃発表に「やめないで」と悲鳴が響いた。ウエンツは自らの口で解散を発表すると、下をうつむき涙。ウエンツの代わりにマイクを握った小池は、WaTが活動を休止していた5年間、役者として数々の作品に出演し「自分の磨きたいもの、貫きたいものが見えてきた。2足のわらじでやってきたが、WaTで100%力を出すのが難しくなってきた」と説明した。

 ウエンツは、「個人的な力をつけたいと思った。WaTは甘えてきた場所だったけど、前に進んで自分の力でも皆さんを幸せにしなければならない」と互いにソロ活動に専念する道を選んだ理由を告白。解散について小池は「すごく前向きです」、ウエンツも「2人ともポジティブ。今よりすてきな日々を過ごせると思っている。この決断を受け止めて」とファンに訴えた。

 WaTは2002年より、代々木公園近辺でストリートライブをスタートし、04年11月にインディーズデビュー。翌年にはシングル「僕のキモチ」でメジャーデビューを果たし、同年の『第56回 NHK紅白歌合戦』にデビューから史上最短で初出場した。

 07年からはそれぞれソロデビューをし、個々の活動に専念。WaTとしては、10年に2年ぶりとなるシングル「24/7~もう一度~」を発売して以降、活動を控えていたが、今年2月に再始動を発表したばかりだった。

 ライブではメジャーデビュー曲「僕のキモチ」のほか、5年ぶりとなる新曲も初披露。この新曲が収録されたベストアルバム『卒業BEST/WaT』を来年2月10日に発売し、翌日、東京・NEW PIER HALLで行われる握手会でWaTの活動に幕を下ろす。

headlines.yahoo.co.jp