芸能ニュース∞

芸能に関するニュースを紹介します♪

佐藤健と小栗旬、“漫画実写化俳優”のツートップ

f:id:katoyon:20151108132319j:plain

佐藤健主演の映画『バクマン。』が、公開から25日で観客動員数100万人突破とヒット中だ。同作は、『デスノート』の原作・大場つぐみと漫画・小畑健コンビが週刊少年ジャンプで連載していた人気漫画を実写化した作品。Gペンを剣に見立てて、漫画家のアグレッシブな創作現場を表現したアクションシーンでは、『モテキ』(2011年)の大根仁監督による演出で、佐藤の渾身作『るろうに剣心』シリーズでの剣さばきが活きている。

 

◆『るろ剣』から『バクマン』で名手ぶりを見せた佐藤健

 とかく人気漫画の実写化には、原作ファンの厳しい視線がつきまとうものだが、『るろ剣』で佐藤は、そんな状況を見事に吹き飛ばしてみせた。まさに主人公・緋村剣心のキャラクターが憑依したような熱演で、超人的な殺陣アクションに挑み、ほとばしる殺気までも見事に体現。そんな同作に魅了された原作ファンも多く、堂々のシリーズ三部作は文句なしの大ヒットを記録した。

 それまでにも佐藤はドラマ『メイちゃんの執事』(フジテレビ系/2009年)や『BECK』(2010年)『カノジョは嘘を愛しすぎてる』(2013年)などの漫画実写化作品に出演。それぞれのキャラに扮したその演技は、原作ファンも含む幅広い層から異例ともいえる高評価を受けてきた。『るろ剣』に続き、『バクマン。』でも漫画キャラを見事に演じきって作品の世界観を形作った佐藤は、漫画キャラ実写化の名手として、その名を馳せつつある。

 では、漫画実写化俳優(果たしてそんなジャンルがあるものなのかわからないが)の第一人者といえば、まず『デスノート』(2006年)『カイジ』(2009年)などでの怪演が光ったレジェンド的な存在として、藤原竜也が思い浮かぶ。さらに近年では、小栗旬がニューヒーローとして着目されている。

headlines.yahoo.co.jp