芸能ニュース∞

芸能に関するニュースを紹介します♪

「下町ロケット」第3話視聴率18・6%!初回から右肩上がりで今期最高

f:id:katoyon:20151102231441j:plain

俳優の阿部寛(51)が主演を務めるTBS日曜劇場「下町ロケット」(日曜後9・00)の第3話が1日に放送され、平均視聴率は自己最高となる18・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが2日、分かった。初回16・1%、第2話17・8%と今クールの民放連続ドラマ(ゴールデンタイム=午後7~10時、プライムタイム=午後7~11時)唯一の右肩上がりとなる好調ぶりで推移。テレビ朝日「相棒season14」(水曜後9・00)の初回18・4%を抜き、10月期最高をマークした。

 原作は池井戸氏の直木賞受賞作。宇宙科学開発機構の元研究員で、実家の町工場・佃製作所を継いだ佃航平(阿部)がロケットのエンジン開発に情熱を注ぐ姿を描く感動エンターテインメント巨編。池井戸氏原作をドラマ化した「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」を手掛けた脚本・八津弘幸氏、演出・福澤克雄氏が三たびタッグを組んだ。

 第3話は、佃製作所が特許売却か使用契約かを帝国重工に返答する当日。いずれにしてもバルブシステムの使用権利を手に入れ「スターダスト計画」の遅れを取り戻したい財前(吉川晃司)と富山(新井浩文)だったが、佃(阿部)は財前が予想だにしなかった提案を示す。一方、ノーリスクで多額の金を得られると思った江原(和田聰宏)迫田(今野浩喜)真野(山崎育三郎)ら佃製作所の若手社員は、財前に示した佃の提案を聞くと一転「自分の夢のために会社を私物化するな」と詰め寄る…という展開だった。

headlines.yahoo.co.jp