芸能ニュース∞

芸能に関するニュースを紹介します♪

劇団ひとり芸能人初、クレヨンしんちゃんの脚本担当

f:id:katoyon:20151030133420p:plain

劇団ひとり(38)が、アニメ映画「クレヨンしんちゃん 爆睡! ユメミーワールド大突撃」(高橋渉監督、来年4月16日公開)の脚本を、芸能人として初めて担当することが29日、分かった。日本の子どもたちに笑いを与え続けてきた「しんちゃん」と、笑いをベースに作家、映画監督とマルチな才能で独自の世界を築く劇団ひとりがタッグを組む。ひとりは「国民的アニメであり、ファンも多い作品ですからプレッシャーも大きかった」と振り返る。

 

 映画は93年の第1作「-アクション仮面VSハイグレ魔王」以降23本が公開され、今年公開の「オラの引越し物語~サボテン大襲撃~」は興収22億8000万円で、第1作が持つ22億2000万円のシリーズ最高記録を22年ぶりに更新。そこに新たなエッセンスを加えられる存在として、ひとりに白羽の矢が立った。06年の作家デビュー作「陰日向に咲く」は100万部を突破し、08年に映画化され興収19億5000万円とヒット。10年の「青天の霹靂」も昨年自ら初監督して映画化し、興収11億8000万円と、映画界でもヒットメーカーになりつつある。

headlines.yahoo.co.jp