読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芸能ニュース∞

芸能に関するニュースを紹介します♪

楽しんごが22キロ激太りで84キロに 「しくじり先生」も出演お流れ

f:id:katoyon:20170429101737j:plain

「ラブ注入」のネタでブームになった芸人で、整体師としても活動する楽しんごが28日、都内で行われたabegakk(アベガク)のメジャーデビュー記念イベントに出席し、近況を語った。2009年から11年ごろにテレビ出演が多かったころは62キロだった体重が、営業先の接待で84キロに、22キロも激太りしてしまったと恥じらいながら告白した。

【写真】4年前はこんなに細かった楽しんご 生まれて初めて彼氏もできた!

 さらに、著名人が自身の失敗を振り返り、教材にするテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に出演予定だったが、“お流れ”になってしまったこともぶちまけた。

 ボイストレーナーやインディーズ歌手として活動していたabegakkの応援団として登場し「お久しぶりでーす」とあいさつ。芸能界の生き残り方法を問われると「僕はすでに生き残ってないので。すいません!適当にマッサージと一緒にやってます」と自虐的に近況を報告した。音楽活動も行っているというが、実際は経済的には困ってはいない様子で、お腹まわりにはたっぷりと脂肪がつき、全体的にたくましい体つきになっていた。

 太ったことを指摘されると「結構、意外といい生活しておりまして。おいしいものばっか食べちゃってすいません。接待されたりとか。“夜のドドスコ”です」と懐かしのギャグ“ドドスコ”を織り交ぜながら、営業先などで歓待を受けていることを告白。さらに、「マッチョになりたくて」加圧トレーニングにも励んでいるといい、「運動した後に『すき家』の牛丼、メガ盛り食べちゃう」と肉がどんどんついてしまった理由を打ち明けた。

 13年には付き人とされる男性への傷害事件を起こし、書類送検された。後に不起訴処分になったとはいえ、この不祥事も影響し表舞台で見かける機会はめっきり減った。こうした経緯から、不祥事や失敗を経験した有名人から教訓を学ぶ「しくじり先生!!」への出演希望を公言し、一度は決まっていたというが「キャンセルになっちゃいました。上層部に言ったらだめだって(言われた)」と、上層部が何を指すのかまでは語らなかったが、裏話も自ら暴露していた。

 

 

【中古】 楽しんご・の1分整体ダイエット 1日1分の簡単エクサで、目指せラブ注入ボディ / 楽しんご / ワニブックス [単行本(ソフトカバー)]【メール便送料無料】【あす楽対応】

headlines.yahoo.co.jp

橋本奈々未さん「とても悲しい」 乃木坂HPで週刊誌報道を否定

f:id:katoyon:20170428205419j:plain

2月に乃木坂46を卒業し芸能界引退した橋本奈々未さん(24)が、26日発売の「週刊文春」で、レコード会社ソニー・ミュージック幹部との密会などを報じられたことを受け27日、乃木坂46の公式ホームページで否定した。

 

 幹部との間に「隠さなければいけない事実は何もありません」とした上で「自宅に出入りしていたとの報道も、私がストーカー被害に遭っていたためエレベーターホールまで送り届けていただいた」と説明。同じ行為は他のマネジャーらも行っていたとした。幹部やその夫人に日頃から「お世話になっていた」とし「悲しい思いをさせてしまうことがとても悲しい」とつづった。

 

橋本奈々未 写真集 2017 [ 橋本 奈々未 ]

headlines.yahoo.co.jp

山下智久、32才の誕生日に石原さとみと原宿デート

f:id:katoyon:20170427202150j:plain

日本テレビ系ドラマ『ボク、運命の人です。』に出演中の山下智久(32才)。一世を風靡したユニット「修二と彰」から12年が経ち、KAT-TUN亀梨和也(31才)と同作での再共演も話題を集めている。

「以前は不仲が噂されたこともありましたが、現場ではそんなことは微塵も感じません。2人の会話のシーンでは、カメラに映らないのに必ずお互いが相手役をやっていますし、撮影の合間もずっと一緒。イケメン2人のイチャイチャぶりにこっちが赤面するほどです」(ドラマ関係者)

 木村文乃(29才)演じる運命の相手との恋に奔走する亀梨に、そっと助言する神様という役どころの山下。プライベートに目を向けると、山下もまた恋路をひた走っている。

 32才の誕生日を迎えた4月9日の夜10時前、山下は都内の高級マンションから出てきた。周囲を警戒するように、上着を頭からすっぽりと被った山下の後ろに続いたのは、石原さとみ(30才)だった。

 昨年10月に女性セブンの報道で発覚したビッグカップル。タクシーに乗り込むと、山下は石原にもたれるように座席に深く腰掛け、外からは姿が見えない。ふたりを乗せたタクシーは、「誕生日デート」のため原宿駅近くの繁華街へと消えていった。

BEST ALBUM 「YAMA-P」 (初回限定盤A CD+DVD) [ 山下智久 ]

headlines.yahoo.co.jp

神田沙也加 9歳上の俳優・村田充と結婚へ、披露パーティー準備

f:id:katoyon:20170426203038j:plain

女優の神田沙也加(30)が結婚することが25日、分かった。お相手は9歳年上の俳優、村田充(みつ、39)。すでに2人で結婚披露パーティーの準備を進め、親しい知人には報告を済ませている。日取りについては、今後決めていく。昨年夏、舞台での共演で知り合い、周囲によると、交際は約8カ月。神田正輝(66)と松田聖子(55)の長女として生まれ、幼いころから注目された沙也加がついに最愛の人とゴールインを決めた。

 出会いは昨年夏の舞台「ダンガンロンパ THE STAGE」での共演。周囲によると、同年秋ごろから交際をスタートさせた。村田は1メートル87の長身を生かし、ファッションショーや雑誌などでモデルとして活躍。2000年ごろからは俳優としての活動も始めた。一方でDJでも活動するなど、幅広く活躍している。

 村田は21日に開幕した舞台「破壊ランナー」(Zeppブルーシアター六本木)に出演中で、沙也加が客席から観劇している姿が目撃されている。この時も村田は共演者らに沙也加を紹介し、仲睦まじい様子だったという。

 偉大すぎる母親を持つゆえに「何度も“親の七光”の重圧に苦しんだ」(関係者)という沙也加。結婚は母の呪縛から解放された新たな人生のスタートでもある。

 2001年、中学3年生の時に聖子が決めた芸名「SAYAKA」としてデビュー。最初のシングル曲はヒットしたものの、その後が続かなかった。周囲によると、期待に応えられなかった娘に「聖子さんは日本から離れ、米国留学するよう勧めていた」という。

 しかし、沙也加はその母の姿勢に反発。大好きだったミュージカルの仕事をするため、04年に宮本亜門演出の舞台のオーディションを受けた。そこで宮本に言われたのが「あなたはあなたでいいんだ」――。

 この言葉に救われた沙也加は、母との家を飛び出し、12歳年上のギタリストと交際。猛反対する聖子と絶縁状態になり、仕事は休業。母からもらう給与もストップされ、離れて暮らす父・神田正輝のもとに相談に行ったほど、母娘の確執は深刻だった。

 しかし、1年半の休業中にミュージカル女優となることを決意。06年末に舞台「紫式部ものがたり」で復帰した際、母が決めたSAYAKAではなく、本名の「神田沙也加」を名乗った。

 それからは聖子とも雪解けし、14年に「アナと雪の女王」でブレーク。偉大すぎる母の力を一切借りずに、自分でスターの座をつかみ取った。

 そして、来月1日からは母の知的財産を管理する所属事務所「ファンティック」から独立。自身の個人事務所を設立する。周囲はそんな沙也加の結婚の決意に「公私全てにおいて完全な親離れを意味します。お母さんとは違う道で立派に成功し、そして聖子さんのように本当に強くたくましくなった」と話している。

 

【CD】LlBERTY神田沙也加 [PCCA-3385]

headlines.yahoo.co.jp

元NMB渡辺美優紀 25日にネット生放送で芸能活動再開へ

f:id:katoyon:20170425193016j:plain

昨年8月にアイドルグループ・NMB48を卒業し、芸能活動を休止していた渡辺美優紀(23)が25日に、パソコンおよびスマートフォン向けのライブストリーミングチャンネル「FRESH!」の生放送に出演することが24日、わかった。

 渡辺はこの日、今月21日に開設した自身の公式ブログを更新。「FRESHにて私のチャンネルができた 明日からアップしまーす!」とファンに報告。「夜は20:30より生放送をします♪お楽しみに!」と、約8カ月ぶりの“生声”を届けることを宣言した。

 渡辺は2010年10月、NMBに第1期生として加入。「みるきー」の愛称で人気を博し11年7月発売のデビューシングル「絶滅黒髪少女」ではセンターを務めた。AKBグループの選抜総選挙では、12年に19位に入ると、13年には15位で初の選抜入り。15年には自身最高位の12位に入った。

 14年9月のじゃんけん大会では優勝し、同年12月にシングル「やさしくするよりキスをして」でソロデビュー。16年4月に卒業を発表し、卒業後に出席したイベントでは、今後の活動について「まっとうに生きます。具体的にはないです。引退?あります。全然あります」と発言していた。

 

みるネコ【Blu-ray】 [ 渡辺美優紀 ]

headlines.yahoo.co.jp

綾野剛、不自由さと向き合う俳優業最大の難役

f:id:katoyon:20170424211559j:plain

「散々いろんな役やってますから。そろそろ人間やめませんか」
 俳優・綾野剛に投げかけられたプロデューサーのこんな一言から日本テレビ系連続ドラマ『フランケンシュタインの恋』(毎週日曜 後10:30※初回のみ10:00)はスタートした。人間に近い容姿でありながら誰よりも人間に憧れる“怪物”は、これまで一癖も二癖もある役柄を演じてきた綾野にとっても未知の体験。「今までやった役の中で一番苦労しています。『参りました』という感じです」と模索しながら愛すべきキャラクターを作り上げている。

■「正解が多すぎるから不自由」怪物役は手探り

 世界中で知られる『フランケンシュタイン』をモチーフにした同ドラマでは、永遠の命を持ち120年間山奥でたったひとりで暮らしてきた怪物が人間の女の子・津軽さん(二階堂ふみ)に恋をする…。しかし、彼は決して人間に触れることができない秘密を抱えていた。この物語は90年代のヒット映画『シザーハンズ』からもヒントを得ている。『シザーハンズ』は両手がハサミの改造人間と人間の少女の交流を描いたSFファンタジーだが…。

 「“抱きしめたいのに抱きしめられない”という、『シザーハンズ』からイメージした切ない要素を『フランケンシュタイン博士』が生み出した“怪物”に投影しています。この怪物は100%怪物なのではなく、日常生活の記憶も残っているし、言葉もわかる。怪物が人間に出会って恋をして、どのように世界を知って、人間の感情を手に入れるのかを描いた切なすぎるラブストーリーです」。

 これをベースとしながら1年以上前から構想が練られてきたが、いざ、脚本が出来上がると「非常に芝居が難しくなりました」と壁にぶち当たった。「僕の場合は初日にだいたい役柄が見えてくるものなんですが、『参ったな』と思いました。設定ではいろいろと見えていたものが台本をもらって100倍難しくなった。初めの3日間くらいはつかめなかった。きつかったですね。」と苦労を明かす。

 120年間暮らしていた山を降り、初めて触れる世界は不思議なことだらけ。津軽さんのゼミ仲間の稲庭くん(柳楽優弥)や教授(柄本明)、稲庭くんの実家の工務店の人々と出会い、カレーを食べたりお風呂に入ったり、布団で眠ったり。そして「私がいるから大丈夫でしょう?」と自分を恐れずに受けて入れてくれた津軽さんに対しては、名前すら知らない感情が芽生えていく。

 「正解が多すぎるからこそ不自由なんです。怪物が受けとるものをリアクションが大きくても小さくても正解。怯えても正解だし、喜んでも正解。だからこそ『どうしようかな』と迷いました。お芝居だけでなく、照明や撮り方、みんなが同じベクトルに向かわないといけないので、撮影前にどういう方向を俳優部含めた各部署がみつめていくか、一緒に目標を作りました」と手探りながらに正面から“怪物”と向き合っている。

 「誤解を恐れずに言えば、ある意味、『本気を出さない』ことを意識しています。感情を全部埋めないで、彼を生きる。あえて余白をつくって視聴者の皆様に想像してもらう。それがチャーミングだったりおかしくみえたり、皆様に入り込んでもらって、最後の共演者となってもらうことでドラマは完成する。全部の答えを用意するお芝居はやめようと思いました」。

 そしてもう一つの見どころとなるのが怪物の腕が“変態”するシーン。「腕の造形はオールCGでもよかったのですが、ひたすら実物にこだわりました。ただグロテスクだったり、発光したり、鋭いものにもできたのですが 怪物の心は純粋で美しい。怪物のなかにあるなんとも説明しがたい感情が美しさとなって変態してしまう。とても美しくありながらも、それに触れると人間は死んでしまう。だからこそ悲しいんです」。演技だけでなく自ら見た目の細部にまでこだわりを詰めこんだことで、現実には存在しない怪物をしっかりと成り立たせている。

■ゼロからの役作り「怖がらずに捨てていく」

 綾野は2003年『仮面ライダー555』のスパイダーオルフェノク役として俳優業をスタート。奇しくもデビュー作は「怪人」だったわけだが、「澤田亜希は人間であり、人間の心を持った『怪人』でしかないですから今回とは全然違います」と笑う。「あのときは右も左も社会も知りませんでしたから、素直にいうとそこまで『仮面ライダー』での経験が、フランケンシュタインの怪物に生かされているかはわかりませんが、当時の石田秀範監督には、この作品を観てほしいと思います。可もなく不可もない仕事はないと伝えたい」とその言葉には確かな自信がある。

 今回のように一見、賭けともいえるような思い切った設定でも『綾野剛なら観てみたい』と思わせてくれることが彼の実力を証明している。これまでも特撮経験を含め、漫画や小説を原作にしたフィクションのキャラクターでも見事にモノにしてきた綾野だが、役へのアプローチ法は毎回、別物だという。

 「新しい現場に入るたびに、スタッフ、キャスト、役名も変わる。様々な現場を通してたくさん経験を積んでいるようにみえて、経験を捨てているんです。どんな役を生きても、新しい作品では過去の役と同じようなアプローチは一切できません。もし、以前に『怪物』を生きていたとしてもまたゼロから作り直すんです」と矜持を明かす。

 「ただ、これまでの現場で培った人に対してのコミュニケーション能力や人を思いやろうとする気持ちはしっかり引き継いで、自分にいい影響を与えてくれています。デビュー当時と比べると、いろんな現場で勉強させてもらいましたから、成長もしています。もちろん失ったものもたくさんある、それ以上に得たものが多い。このまま、きちんとなにかを得るために怖がらずに捨てていくという行為を続けていきたい。ただそれだけです」。

胎響 [ 平間至 ]

 

headlines.yahoo.co.jp

 

中居 解散後初共演で香取に「子供がいたんだってな」とイジる

f:id:katoyon:20170423090030j:plain

中居正広が22日、同じ元SMAP香取慎吾が司会を務めるテレビ朝日系「SmaSTATION!!」(土曜、後11・05)にゲスト出演した。昨年大みそかのグループ解散後、メンバー同士がテレビで共演するのは初めて。中居が香取の“隠し子報道”(※本人は完全否定)をイジるハプニングもあった。

 

 「どうもこんにちは、よろしくお願いします」(中居)、「こんばんは」(香取)と互いに含み笑いでスタート。週刊誌で“隠し子疑惑”が報じられた香取に向かい、中居が「お前、子供がいたんだってな。なんで俺に言わなかったんだよ」とヒヤリとする発言。香取は「友達の子だ、ってここ(この番組)で言ったんだよ。いいんだよ、それは」というやりとりもあった。とんだサプライズだったが、香取は困りながらも楽しそうにも見え、中居に全幅の信頼を寄せているようだった。

 

 中居は「おれ、コイツのこと何でも知ってる」とにじみより、「慎吾から昔もらった」というバッグから優香の写真集などをごそごそと取り出し、プレゼント。「コイツ、優香の大ファンだったんだよ」と明かすと、香取は「結婚したんだよ、おめでとう」と昨年6月、俳優・青木崇高と結婚した優香を祝福し、中居の攻撃をかわしていた。

 

 15日の同番組で香取は「(中居が)ついにゲストとして初めて。来週か~。久々に会います」と対面を楽しみにしていた。

 香取は1月にフジテレビ系「おじゃMAP!!」で草なぎ剛と共演したが、この時は事前収録のロケだった。

headlines.yahoo.co.jp